スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【韓国】韓国のES細胞研究、ローマ法王庁が懸念示す 

YONHAP NEWSより

韓国のES細胞研究、ローマ法王庁が懸念示す

2005/12/28 13:22

【ソウル28日聯合】ローマ法王庁が、韓国の胚性幹細胞(ES細胞)研究と黄禹錫(ファン・ウソク)教授の論文ねつ造事件に対する懸念を表明した。

 ローマ法王庁生命アカデミー委員長のスグレシア司教が、このほどカトリック新聞社長の李昌永(イ・チャンヨン)神父と行った書面対談で「韓国社会が生命倫理に反し自身の利益を選ぶことは危険なことで、ブレーキを踏まずに坂道を下るようなもの」と述べ、韓国のES細胞研究に対する過度の期待を戒めた。

 生命アカデミーは生命倫理に関する問題を科学的に研究しカトリック教会の教えに基づいた文化育成に貢献するために設立された機関。ローマ法王庁が韓国のES細胞研究に対し直接意見を表明するのは今回が初めて。スグレシア司教は黄教授の論文ねつ造事件についても「どうしてES細胞を得るために人間の胚を破壊する特権を『科学の権利』と要求できるのか、その研究のための許可と金を得るためにどうしてうそがつけるのか、彼らの狂的な熱意はとても理解できない」と非難した。

 また「ES細胞は、殺された胚の生き残った一部分。この幹細胞はがんを引き起こす危険性を伴うほか免疫拒否反応を起こすこともあるため、疾病治療には適さない。ES細胞研究者はこの細胞ですべての疾病が治療できると言い切っているが、これはうそだ」と述べ、成体幹細胞が倫理的、医学的にも有用だというカトリックの意見を主張した。


科学と宗教って、意外と近い存在なんだよなぁと。
分野が違いますが、脳神経科の医師が
「研究すればするほど、神の存在を信じるようになる(意訳)」と
発言したのを記憶しています。
(どなたの発言かは、覚えていないのですが…)
で、話を元に戻すと。
卵子って確かに細胞の一つではありますが
やはり生命が誕生するためのものですよね。
ここに宗教観や倫理観が出てきて
普通だったら躊躇われるところなんですが
やっちゃったのが、横教授。
しかも捏造。
目も当てられませんね。


スポンサーサイト
[ 2005/12/29 03:57 ] ニュース(特亜) | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izayoi001.blog79.fc2.com/tb.php/15-bc00025b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。