スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『朝日新聞』、小泉首相の靖国参拝に関する発言を批判 

『朝日新聞』、小泉首相の靖国参拝に関する発言を批判

日本の『朝日新聞』は5日、社説を発表し、小泉純一郎首相の靖国参拝に関する発言を批判しました。

 5日付けの『朝日新聞』は、「中韓の反発などで、結果として終戦記念日の参拝はしていないものの、今度は毎年1回の参拝が信念だと譲らない。自ら火種を持ち込んでおきながら相手を批判し、『外交問題にしない方がいい』と説くのはいかにも身勝手である」と指摘しています。


で、その朝日新聞の内容は↓こちら。


首相年頭会見 私たちこそ理解できぬ

 これほど理解力が足りない人が、内閣総理大臣を続けていたのだろうか。そう思いたく
もなるような光景だった。

 年頭の記者会見で、小泉首相は自らの靖国神社参拝に対する内外の批判について、5回
も「理解できない」を繰り返した。

 「一国の首相が、一政治家として一国民として戦没者に感謝と敬意を捧(ささ)げる。
精神の自由、心の問題について、政治が関与することを嫌う言論人、知識人が批判するこ
とは理解できない。まして外国政府が介入して、外交問題にしようとする姿勢も理解でき
ない」

 理解できない言論人、知識人とは、新聞の社説も念頭に置いてのことだろう。全国の新
聞のほとんどが参拝をやめるよう求めている。「理解できない」と口をとがらせるよりも、
少しは「言論人」らの意見にも耳を傾けてはどうか。

 首相は、日本を代表する立場にある。一政治家でも一国民でもない。私的な心情や感懐
より公的な配慮が優先することは言うまでもない。

 私たちは、一般の国民が戦争で亡くなった兵士を弔うために靖国に参る気持ちは理解で
きると繰り返し指摘してきた。

 一方で、戦争の指導者であるA級戦犯をまつる靖国神社に首相が参ることに対しては、
国民にも違和感を抱く人は少なくない。まして侵略を受けた中国や、植民地だった韓国に
快く思わない人が多いのは当然だとも考える。

 言論人や知識人の多くが首相の参拝に反対するのは、こうした理由からだ。

 会見の次のくだりも理解しがたい。

 「靖国の問題は外交問題にしない方がいい。私は交渉の扉を閉じたことは一度もない。
一つの問題があるから中韓が会談の道を閉ざすのはあってはならない」

 首相は忘れたのだろうか。靖国参拝が「外交問題」になったのは、首相自身が01年の
自民党総裁選の公約に「毎年8月15日の参拝」を掲げ、「心の問題」を政治の問題にし
たからだ。日本遺族会の支持を得る狙いだったはずだ。

 中韓の反発などで、結果として終戦記念日の参拝はしていないものの、今度は毎年1回
の参拝が信念だと譲らない。自ら火種を持ち込んでおきながら相手を批判し、「外交問題
にしない方がいい」と説くのはいかにも身勝手である。

 深刻なのは、9月に首相が任期を終えた後も、こうした事態が続く可能性があることだ。

 たとえば、ポスト小泉と目される一人、安倍晋三氏は、官房長官に就く前に月刊誌にた
びたび登場し、「だれがリーダーとなったとしても、国のために尊い命を犠牲にした人た
ちのために手を合わせることは、指導者としての責務だと思う」と首相の参拝を強く支持
してきた。

 次の首相を選ぶ自民党総裁選が控えている。荒れ果ててしまったアジア外交をどう立て
直すのか。その具体策こそが問われるべきであるのは、だれにでも理解できることだ。


突っ込みどころ満載です。


>全国の新聞のほとんどが参拝をやめるよう求めている。

どこの朝日新聞ですか?
「ほとんど」とかを使って曖昧にし、情報を操作しているように読み取れます。


>首相は、日本を代表する立場にある。一政治家でも一国民でもない。私的な心情や感懐より公的な配慮が優先することは言うまでもない。

小泉総理は、日本国民であり、現在の内閣総理大臣ですね。
公人として参拝するなら、おおいに結構。
ただし「公人」「私人」と区別するのは、基本的におかしいです。


>一方で、戦争の指導者であるA級戦犯をまつる靖国神社に首相が参ることに対しては、国民にも違和感を抱く人は少なくない。まして侵略を受けた中国や、植民地だった韓国に快く思わない人が多いのは当然だとも考える。

これが全国区の新聞ですか??

それは、ひょっとして ギャグで言っているのか!?

まず、A級戦犯。
大東亜戦争(こう書くと「右翼」のレッテル貼られますが(w)

まあ第二次世界大戦終結後、東京において開かれた
極東軍事裁判(通称:東京裁判)での罪状の一つです。
A級とは「平和に対する罪」であって、等級ではありません。
そして当時の国際法において、「平和に対する罪」に当てはめる罪状はありませんでした。
この極東軍事裁判で出来た、事後罪状ってことです。

参考資料↓以下、抜粋転載。

1.マッカーサー元帥
 昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」
 告白。さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は
 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言

2.インドのパール判事
 日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった
 西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく
 勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と
 主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。

3.米国のブレークニー弁護士
 「日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議。

4.豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。

5.オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった
 と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
 連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
 それは酷いものだった。もちろん、勝者が敗者を裁くことは不可能だった。
 まさに復讐劇だった」と述べた。

6.フランスのベルナール判事
 レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。

7.アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。

8.イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。

9.イギリス法曹界の権威ビール氏
 『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた
 野蛮きわまりない復讐行為である」と断言。


以上、韓国は『なぜ』反日か? より転載


侵略を受けた中国に関しては、無抵抗に侵略された訳では無く
盧溝橋事件や通州事件などが根底にある可能性を否定できない。
そして現在中国は、チベットやトルキスタンに対して行っている事を
国際社会にどう言い訳するんだろうか?


参考資料礼儀正しい日本軍人


そして植民地だった韓国に関して。
李氏朝鮮は残念ながら、主権国家ではありませんでした。
中国(当時は清)の属国です。
日清戦争後、下関条約において清国から独立しましたが

(この時、台湾は日本に割譲されたんですよ!)
内政・財政ともに不安定で、周辺国の外交をも巻き込んでいました。
日露戦争を経て、韓国側から一進会李容九会長による

「韓日合邦を要求する声明書」の上奏文が提出され

1910年 8月22日に日本は日韓併合条約により朝鮮半島を併合しました。


参考資料日韓併合前・後の写真館


併合後↓以下抜粋転載

・朝鮮が無計画な浪費で返済不能になっていた莫大な借金
 (外国からの借金+国債)を肩代わりしてチャラにした。

日本の国家予算で学校などの教育機関や裁判所、上下水道、公園、
 病院、警察署、道路、 水力発電所、農地、鉄道などの文化的生活
 必要な施設を作った。

・日本の金で朝鮮全土に5000校もの近代小学校を建設し、
 近代教育をしてハングルを必修で学ばせた。

・日本の技術と資本により2次産業を9倍も成長させると同時に
 1次・3次産業も大幅に伸ばした。

・医療と衛生環境を向上させて平均寿命を26歳から42歳にまで
 飛躍的に延ばした。

人口を2倍まで増やし、その人口が全員が食べていけるほどの
 驚異的な食料供給力を与えた。

・世界中のどの国も金を貸したがらない極貧後進国に、貸し倒れも恐れずに
 世界一安い金利で金を貸し与えた。

・発展のために必要な資金や資材などの「物的支援」だけでなく、
 「人的支援」「技術支援」も同時に行った。

以上、韓国は『なぜ』反日か? より抜粋転載。


そんな訳で、この理由では靖国参拝反対を強く主張するには薄すぎます。


>首相は忘れたのだろうか。靖国参拝が「外交問題」になったのは、首相自身が01年の自民党総裁選の公約に「毎年8月15日の参拝」を掲げ、「心の問題」を政治の問題にしたからだ。日本遺族会の支持を得る狙いだったはずだ。

この公約は、日本国民に向けたもので

中国・韓国に向けたものではありませんよね。
なぜ外交問題に結びつけるのか、理解しがたい。


>中韓の反発などで、結果として終戦記念日の参拝はしていないものの、今度は毎年1回の参拝が信念だと譲らない。自ら火種を持ち込んでおきながら相手を批判し、「外交問題にしない方がいい」と説くのはいかにも身勝手である。

わざわざ、終戦記念日参拝を中韓に対して遠慮しているのに

公約を果たすことにイチャモンを付けて、粘着に叩く新聞も身勝手である。

きっと参拝を止めたら、「公約を果たさないとは何事か」と叩くに決まっている。


こうまで私情をぶちまけたような社説を、堂々と掲げるとは
もはや朝日新聞と言わず、中韓新聞と変更しては如何でしょう?

スポンサーサイト
[ 2006/01/05 04:31 ] ニュース(国内) | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izayoi001.blog79.fc2.com/tb.php/27-e86aba1f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。