スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【韓国】戌年なのに… 

日本でも日本海方面では、豪雪でかなり深刻な問題になりつつあります。
雪がそれほど降らない地方でも、例年より寒さが厳しくて大変ですよね。


「戌年なのに…」 愛犬テーマパークで15匹凍死
オープン2週で経営破たん、暖房入れられず


 戌(いぬ)年に当たる2006年早々から、京畿道富川愛犬テーマパークのイヌたちが、相次いで凍死する事件が発生した。

 昨年4月、「国内初の愛犬テーマパーク」という触れ込みで、富川市上洞の映像文化団地内の5000坪(およそ16500平方メートル)の敷地に建てられたが、業者の経営破たんによって閉鎖された「フレニワールド」で、昨年11月から今月5日までに犬33匹のうち15匹が相次いで凍死した。

 凍死したイヌは一頭当たり時価1000万ウォン台にのぼるダルメシアン3匹、時価200万ウォン相当のコモンドール1匹、100ウォン台のオールド・イングリッシュ・シープドッグ、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ニューファンドランド各1匹などだ。これらのイヌは独特のきれいな模様があり、来場者に人気の高かった展示用のイヌだ。

 イヌが凍死した理由は、会社が資金繰りに苦しんで閉鎖し、イヌ小屋に暖房を入れることができなかったためだ。しかも今年の冬は、氷点下10度前後の厳しい寒さが続いており、さらにイヌたちには厳しい環境となった。5日現在、ここには18匹のイヌがおり、会社側は小屋にビニールや発砲スチロールなどで風を防いでいるが、これだけでは寒さを防ぐことができない。

 フレニワールドは、世界各国の珍しい子犬およそ100種類を集めて、来場者が子犬に直接触れ、一緒に遊べるよう作られた施設を備えている。オープン当時、世界の珍しいイヌが139匹いたが、皮膚病などで40匹から50匹が死に、残りの一部は首都圏地域のペットショップに委託された。

 フレニワールドの愛犬事業本部長のキム・ジンチョルさん(40)は、「資金不足によって経営破たんし、暖房を入れる金も足りないのに、寒さが続いてどうすればいいか分からない」とし、「残りのイヌも、遠からず死にそうだ」と心配した。

 昨年4月オープンしたフレニワールドは、事業を開始してからわずか2週で倒産した。現在、フレニワールドの経営会社は閉鎖され、イヌの保護と施設の管理などは債券団が担当している。

朝鮮日報

オープン2週で、経営破たんって…。
凍死の他にも皮膚病でかなりの犬が死んでいます
予防接種や施設の衛生面が、とてもズサンであることが分かりますよ。


愛玩動物って、あちらではどんな扱いをされているのかな?

スポンサーサイト
[ 2006/01/08 04:44 ] ニュース(特亜) | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://izayoi001.blog79.fc2.com/tb.php/30-3381e37a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。